【Sparklite】レンチとガジェットで冒険するローグライクRPG

価格:2,570円
言語:公式日本語対応
プラットフォーム:PC

ざっくばらんに説明すると・・・

  • 強化アイテムを収集しながら進めるローグライクRPG
  • マップはダウンするたびにランダム生成
  • 良く言えばカジュアル、悪く言えば「薄味」

【どんなゲーム?】

Sparkliteは見下ろし型のローグライクRPGで、レンチを振り回して冒険するエンジニアの女の子『エイダ』の物語。プロローグでは嵐の中を飛行中に墜落してしまい地上で襲われてしまったところを浮遊都市に助けてもらうシーンが描かれています。

地上はジオディアと呼ばれ「男爵」が古代のパワーを用いて危険で溢れる場所となってしまいました。そこでエイダは家族の形見のペンダントによってガジェットを創り出し、彼と彼の率いるタイタンを懲らしめに行いきます。

見た目はゼルダの伝説のようなローグライクですがマップはダウンするたびにランダム生成されるという特徴があります。また、レベルという概念は存在せず、冒険で手に入れる「パッチ」を手に入れてステータスを強化していく点も特徴的でしょう。

敵に立ち向かうときにはレンチ、ガジェット、そしてウィジェットを駆使していきます。レンチが通常攻撃で、ガジェットは射撃系が多いので離れた敵に攻撃するときに重宝します。そしてウィジェットは主に冒険中にランダムに手に入るアイテムで攻撃・回復・補助まで様々な効果があります。

タイトルにもなっているスパークライトいわゆる鉱石ですが様々な動力源にもなり通貨としての役割も果たします。このゲームでは地上でスパークライトやパッチを集め、エイダや浮遊都市を強化しながら進めるRPGとなります。

【どんな人におすすめ?】

クリア時間まではおよそ7時間でした。プレイ時間で言えばカジュアルな部類でしょう。序盤の難易度が少し高いもののある程度ステータスを上げればだいぶ進めやすくなります。

注意点としては、ゼルダの伝説のような見た目で期待してしまうかもしれませんがパズル要素はありませんでした。どちらかといえば脳筋向けかも。

マップはダウンするたびに変化しますが、パッチや収集要素もマップが変化した際に再配置されるため、何度もダウンすることが前提になっています。自信をもって死にましょう。

【進め方のヒント!】

序盤はライフが少なく、かつ敵のダメージも相対的に大きいので、まずはライフ上限を上げるパッチやダメージを減らすパッチでステータスを強化するのがおすすめです。一度の冒険でたくさんのエリアを歩いてスパークライトを手に入れるほうが効率的です。

最初のエリアは手に入るスパークライトも少ないのでマップをすべて埋めようとせず、上位のエリアに進めるようになったらなるべく上位のエリアを探索しましょう。とにかくたくさんのスパークライトを集めることがクリアへの近道ですね。

【ゲームを終えて、考えたこと】

ドット絵の雰囲気に誘われて買った本作ですが、価格に対してあまり深みを感じなかったのが少々残念でしたね。ゲームとしても、良く言えばカジュアルでライト層にも受け入れやすいデザインですが、もっとクセがあっても良かったと思います。

ストーリーはプロローグで終わってしまい、パズル要素もないのでひらすら歩き回って敵を倒してスパークライトを手に入れる”だけ”になってしまっています。ビジュアル的にも個性的なキャラクターが何人も出てくるのにほとんど会話パターンがないのももったいない。もっとみんなといろんな会話をしたかったです。

定価2,500円くらいですが少し割高に感じてしまうかもしれません。セール時に駆って楽しむのが良いでしょう。

muramasa

2,000円以下でも深い味わいのある作品を紹介しています!ブログ「ゲームはリビングで。」を見て新たな作品と出会えるように更新していきます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする