【FEZ】奥行きのある2.5次元パズルアクション

価格:980円
言語:公式日本語対応
プラットフォーム:PC、PS4・3・vita、xbox360

ざっくばらんに説明すると・・・

  • マップを90度ずつ回転させるパズルアクション
  • キーボードよりゲームパッドがおすすめ
  • クリア後の謎解きは激ムズ

【どんなゲーム?】

FEZはドット絵の2Dアクション…ではなく2.5次元のパズルアクションゲームです。一見普通のスクロール型に見えますが奥行きを存分に活かしたゲームです。

主人公は白くてキュートな生き物の「ゴメズ」。”平面な”村で暮らしていたところある出来事をきっかけに世界に奥行きが生まれ、その謎を追うために外の世界へ旅に出ます。

本作のパズル要素はマップを90度ずつ回転させて進む点が特徴的です。例えば四角い建物の周りに道があったとして、横スクロール画面では1辺しか移動することができません。FEZではこういった場合、角まで来たらマップを回転させることで道を曲がることができるんです。

正直、文章で説明するとかえって分かりにくいと思うので下のgif画像をご覧ください。

【どんな人におすすめ?】

クリアまではおよそ8時間でした。ドット絵やアクションが好きな人はもちろんおすすめですが、謎解きが好きな人にぜひ挑戦してほしいゲームです。

エンディングを見るだけならそこまで難しくはありませんが、クリア後の謎解きが異様な難易度を誇っています。マップを見れば未踏のエリアや謎解きが残っているエリアが分かりますが、何をどうすればいいかはお手上げ状態。

ちなみにゲームパッドならマップの回転がLとRに割り振られているので感覚的にはキーボードよりもプレイしやすい気がしました。

【ゲームを終えて、考えたこと】

本作は2013年に配信されたゲームですが6年以上経った今も類似ゲームが見当たらないような気がします。巧みなマップ構成と深い謎解きが人気を博して、今も頭を悩ませているプレイヤーがいることでしょう。私もその一人です。

3次元で存在するマップを2次元で進めるアイデアはまるでエッシャーのだまし絵のように不思議な感覚ですよね。マリオに代表される横スクロールゲームに文字通りの奥行きを与えるだけでこんなにも画期的なゲームになるのかと目の覚める思いです。

もしかしたら今まで見たことないようなゲームは案外身近にあるものの見方を変えることで出てくるのかもしれませんね。

muramasa

2,000円以下でも深い味わいのある作品を紹介しています!ブログ「ゲームはリビングで。」を見て新たな作品と出会えるように更新していきます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする