【コラム】「誰も興味が無い」を強みに

今回はまずうれしい報告からです!この投稿で、目標としていた100記事を達成することができました!👏実はこのブログを始めたのが1年前の5月31日、まずは100記事までがんばって続けてみようという目標で運営してきました。これも皆様の支え、TwitterでのいいねやRTやリプライがあってこそ続けることができました。この場を借りて感謝を申し上げたいです。ありがとうございます!(o_ _)o))

そもそもブログをやろうと思った理由なんですがゲームの感想を誰かに伝えたい、というのがやっぱり一番。1回のツイートじゃ伝えきれないし、ゲームを一人で味わって一人で消化してしまうのは寂しいしなんかもったいないという思いがあったから「じゃあ自分のブログを作って共有していこう」ということでブログを始めました。

「誰も興味がない」を強みに

なぜ数あるジャンルの中でインディーズを中心に扱うことにしたのか、という話。

結論から言えばインディーズは才能ある少数精鋭のチーム、あるいは個人が知恵と工夫を凝らし、独創的で作家性のある作品が多くてその魅力を伝えたいからですが、本音を言えばインディーズはそもそもプレイヤーが少なくて共有できる人がほとんどいないという孤独感があったからだと思います。そもそも自分自身がぼっち気質で繋がりを作ることに消極的っていうのもありますけど。

だから最初はインディーズを扱うブログを作ったところでほとんどの人が興味をもってないから誰も見にこないんじゃないかと思って、やっぱりメジャーな大型タイトルを扱おうか迷う時期もありました。

………いや、待てよ…誰も興味を持ってないことに興味を持てるのはむしろ強みなんじゃないか?そうだ!それがブログの個性になるに違いない!ひとつひとつはパイが小さくても記事をたくさん書けば人が集まるようになるかもしれない!

と、根拠のない確信めいたモノにテンション上がった結果、インディーズを絞って、まずは100記事を目指すことに決めたわけです。実際にはデバイスレビューや攻略記事なども書いてますけどね。

さらにインディーズはプレイ時間が比較的短いので仕事が終わってからでも「エンディングを見る→レビューを書く」っていう流れを維持できました。つまり仕事と両立しやすかったです。一応最低週1回更新のノルマを自分に課していましたが週2回更新することも多かったです。

大型タイトルを選んでいたら毎回同じようなプレイ日記になって誰よりもまず自分がブログに飽きていたと思います。

タイトルゲームはリビングで。」

ここ数年ぼんやり気になってることなんですけど、PCゲームと据え置き機の決定的な違いって同じ空間で一緒にゲームができるかどうかなんじゃないかって思ってるんですよ。一部ではそういった壁を乗り越えて楽しんでるPCゲーマー家族もいるようですがそれはほんの一握り。もちろん最初は私もスーファミから始まってPS3までやってましたけど、2012年以降Steamを使うようになってそのままPCメインになりました。

でもPCだとどうしても1つの画面に1人の人間になってしまう。もちろんボイスチャットで誰かと繋がるのも楽しいんですけど、同じ空間で同じゲームするのって皆さんの思い出を振り返ってもやっぱり一味違う思い出になってませんか?

だからPCでゲームしていても、できる限り据え置き機でゲームをするようにゲームの話を共有したい。リビングに集まってゲームをしない人でも興味を持ってもらえるようにおもしろさを伝えたい。そして何よりゲームが趣味であることにオープンでありたい。ブログタイトルにはそういう願いを込めています。

次の一年について

以前ツイートしたことがあるんですが、100個記事ができたのでまずはブログの外観(テンプレート)を変更しようと思います。サイトに来てくれた方に最新の記事だけでなく過去の様々な記事を見てもらえるように1画面の情報量を増やすようなデザインを採用したいですね。

webデザインについては全くの素人なのでどれくらいイメージを形にできるか分かりませんが、できる限り見やすく情報量に期待が持てるようなブログにするつもりです。

そして今後もインディーズゲームのレビューは続けていこうと思いますが、皆さんの魅力的なツイート見てるうちにゲーム配信とかゲーム翻訳とかゲーム開発とかいろいろ興味が湧いてる今日この頃。

最近「Branching Paths」というインディ開発者に焦点を当てたドキュメンタリーやインディライブエキスポを観たりしたので特にゲーム開発に「うおお!」ってなってますね。もちろん開発なんてこれまで一切触れたこともありません、でもインディってそういうことなのかなって楽観的に手を出してみようとも考えてます。

そんなこともあって、これまではゲームレビューを週2回更新することも多かったんですが、これからは週1回にペースを落としつつ風呂敷の広げ方を考えていきたいと思ってます。私の場合は、あくまでも本業で収入を得ることが第一、そのおかげで趣味であるゲームも楽しめているので、今後も仕事と両立させながら細く長くゲームを続けていこうと思います。

次の一年もぜひよろしくお願いいたします。┏○ペコ ッ

muramasa

2,000円以下でも深い味わいのある作品を紹介しています!ブログ「ゲームはリビングで。」を見て新たな作品と出会えるように更新していきます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする