【コラム】ミニマリズムから学んだ積みゲー解消法

ゲーマーの典型的な悩みといえば「積みゲー」、せっかくお金を払って買ったゲームをやらない罪悪感から「罪ゲー」とも言いますね。もしこの投稿をゲームをしない人が読んでいるならばせっかく買った服を着ないで押し入れにしまっている状態だと思ってください。

デジタル販売もすっかり浸透しましたし、PSstoreやSteamをはじめとした複数の販売プラットホームがセールを開催しては一つの作品が100円を切るようなこともあります。プロモーションも高度化してますし、やる予定が無くても買ってしまうのは仕方のないことなのかもしれませんね。

でもゲームはプレイしてこそ体験をもたらすもの、積みゲーもプレイしなければ単なる電子データにすぎなくなってしまいます。それは良くない、今すぐプレイしなければ。しかしどれから手を付けたものか…いやそもそも今やってるゲームもあるし…あっ!フラッシュセールで80%オフだ!買わなきゃ!

実際こんな感じなのでいつまで経っても積みゲーって無くならないんです。さて、そんな中、ミニマリズムの本を読んでみたところ「これは積みゲーを減らすのに役立つのでは?」と思って実践したところだいぶ積みゲーを減らすことができたので書いてみようと思います。あくまでも私の方法なので参考程度にしてもらえれば幸いです。

ちなみに読んだ本は、ジョシュア・フィールズ・ミルバーンおよびライアン・ニコデマス著書の『minimalism 30歳からはじめるミニマル・ライフ』でした。おすすめです。詳しい内容は著書を読んでいただくとして、本来のミニマリズムの目的を簡単にまとめると「自分にとって本当に必要なことにフォーカス(集中)すること、そしてフォーカスを散漫にさせるモノを手放すこと」がポイント。

そしてこの考え方を応用すると「積みゲーに集中するために、散漫にさせてしまうモノを手放す」という具合に考えてみます。そしてそれを踏まえて「今後も積みゲーをしないように余計な買い物をしないようにする」ことも大切です。

言い換えれば、前者は積みゲーを減らす実践、後者は積みゲーを増やさない実践ということになりますね。では、まず積みゲーを減らすことから考えてみましょう。

【ミニマリズムで積みゲーを減らす】

積みゲーの山を崩すことは簡単ではありません、その結果が積みゲーなのですから。だからまずは思い切って「やるゲーム」と「やらないゲーム」に分けましょう。私は以下の基準でやるゲームを選出しそれ以外はやらないゲームにしました。

「やるゲーム」の選出基準
  • いつまでにクリアするか決める
  • 他の作品と並行してプレイしない
  • やるゲームをいつまでにクリアするかSNS等で宣言する

ゲームのプレイスタイルはもちろん自由です。何をいつまでにプレイしようが個人の自由です。でも今、これを読んでるあなたは積みゲーで悩んでいるんですよね?(という前提で書いてます)

だったらまず今やっているゲームをいつまでにクリアするか決めましょう。そして次にやるゲームのスケジュール、その次の…という感じでスケジュールを作っていきましょう。経験上、2,000円以下なら1週間以内、2,000~4,000なら2週間以内、それ以上の価格なら1か月以内が目安でしょうか。こればっかりはケースバイケースですが、Steamであればストアページのレビューに各ユーザーのプレイ時間が表示されているので非常に参考になります。

他の作品との並行プレイは積みゲーの元です、今すぐ止めましょう。そして、SNS等でやるゲームを宣言してプレイ日記を投稿することも有効だと思います。独りでやってるよりフォロワーさんや友達に、良い意味で監視してもらうほうが行動に移しやすいですよね。このことを著書では「説明責任パートナーを持つ」と言っていました。

「やらないゲーム 」は手放す(売る、あげる)

ゲームを手放すことには意味があって、浪費したお金の痛みを知りましょう!それが次にゲームを買うとき、過剰なものを買わないですむ教訓になるはずです。ダウンロード購入したものは売ったりあげたりするのが難しいのでせめてアンインストールしておきましょう。あとはなかったことにして忘れましょう。

【ミニマリズムで積みゲーを増やさない】

続いて今後積みゲーを増やさないための実践です。早い話が「やるときに買うだけ」というのが理想ですね。ここでは4つのポイントを挙げていきます。

今やっているゲームを終えてから次のゲームを買う

私も一時期やっていましたが複数のゲームを平行して進めるのは積みゲーの元です。特にストーリーのあるゲームだと没入感も薄れてしまうので、出されたお皿から順に平らげるように意識しています。

「安いから買う」のではなく「やるから買う」

とにかくプロモーションが高度化しているのでついつい過剰に買ってしまいがちです。ポチってしまう前にそのゲームを本当にやりたいのか落ち着いて考えましょう。少なくとも安く買うことが第一目標ではないはずです。

セール買いするときはいつまでにクリアするか計画を立てる

断っておきますがセールで買うことを問題視しているわけではなく、あくまでも過剰に買い物をするのが良くないという話です。だからセールが定番となった今日、お金と時間は有効に使うのは賢い選択でしょう。ただしたくさん買うと計画が長期化してその間に新作が登場したりしてフォーカスが散漫になるので注意が必要です。

他人の楽しみは自分の楽しみとは限らない

誰かのゲームのツイートが注目されていたりするとつい自分も手を出したくなってしまいますが、一度立ち止まって本当に自分がやりたいのか自問してみましょう。他人が楽しくやっているゲームがあなたも楽しめるとは限りません。あなたはあなたの楽しみを追求したほうがずっと有意義な時間になります。

【今、そのゲームに集中する】

ここまでミニマリズムを取り入れて積みゲーを考えてみました。PCゲームはダウンロード購入だと売ったりするのが難しいので、積みゲーを増やさないことのほうを強く意識すると良いと思います。

今回は積みゲーに焦点を当ててきましたけど、何より大事なのは目の前のゲームを楽しむことです。ミニマリズムでは自分にとって有意義な時間を見つけ「今を生きる」こと大切にしています。

主導権を持っているのは自分自身だというのは誰にでも当てはまることだ。僕たちはその事実を決して忘れてはならない。この人生は自分のものであり、主導権は自分にあり、自分がやりたいことをする自由を持っているということ。

パート2 今を生きる さっさとその皿をたいらげなさい

どのゲームを選ぶべきかは個人の自由だし、いつやるのかも自由です。なんなら今積んでるゲームをすべて手放してもう一度ゼロベースで新作ゲームをひとつずつプレイほうが気持ちが軽くなるのかも。幸いゲームから逃げていくことは滅多にありません。だから誤って手放してしまってもまた巡り合えるのがゲームの良いところかもしれませんね。

muramasa

2,000円以下でも深い味わいのある作品を紹介しています!ブログ「ゲームはリビングで。」を見て新たな作品と出会えるように更新していきます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする