【ScourgeBringer】クリア率2%の爽快高難易度アクション

言語:公式日本語対応
プラットフォーム:PC
※2020.9.24現在アーリーアクセスの作品

ざっくばらんに説明すると・・・

  • 無制限の空中ダッシュで自由に動ける高難易度アクション
  • 攻撃は最大の防御?いや時には引くべし
  • クリア率はたったの2%

【どんなゲーム?】

本作はランダム生成されたダンジョンでモンスターを倒して自分を強化しながら奥深くへ進んでいくローグライク2Dアクションです。剣と銃を使いこなして「審判者」と呼ばれるボスを攻略していきます。

操作性が非常に優れていて、攻撃の硬直もないし敵の間合いを詰めるダッシュ攻撃は空中でも無制限に使うことができるし敵をめがけて補正してくれるので、プレイヤーの思いどおりに動き回れます。

フィニッシュムーブのない攻撃でひたすら敵を叩きのめすことができるので、一見爽快アクションに見えますが…ちょームズイ。全5階層でひとつの階層は5~7分程度ですが7時間くらいプレイしてやっと3階層目に辿り着きました。クリアできる気がしない。

操作は決して難しくありません。でもついついアタックに夢中になってしまいますがあっという間に死にます、マジで。

【どんな人におすすめ?】

おすすめできる人はアクション好き一択ですね、それも高難易度にチャレンジしたい人。操作性が良いので動きにくさのストレスがないのが推しポイント。久しぶりに自分の成長を味わえる難易度かもです。

【進め方のヒント!】

ローグライクなので強化アイテムはそのプレイ中のみ有効で死んだらリセット。一方で、たまに手に入る「審判者の血」でスキルツリーを解放すれば永久的に主人公を強化することができまです。とはいえ、ツリーはボスを倒さないと解放されないので、たぶん頭打ちになって審判者の血は余ると思います。

攻略のポイントは2つ。まず1つは、敵をスタンさせたり弾丸を跳ね返すことができる「打撃」を使いこなすこと。弾丸を跳ね返す方向はカーソルに依存するので撃ってきた敵を返り討ちにしてもいいし別の敵にとばっちりを当てにいくのも自由です。発動するまで一瞬、間があるので注意。

2つ目は攻撃に夢中にならないこと。体力が少なく回復アイテムもあまり出てこないので攻撃と回避のメリハリを付けましょう。敵が攻撃モーションに入ると「!」が表示されますが、打撃で敵の攻撃を跳ね返すイメージができないときはしっかりと距離を取る、もしくは壁に隠れてチャンスを窺いましょう。

【ゲームを終えて、考えたこと】

システム的なストレスがなく、思い通りに動くことができるので、純粋なプレイヤーの力量が試されるのが魅力です。2020年9月末現在、最終ステージとなる第5階層をクリアしたのはたったの2%、第4階層に辿り着いたのは7%、第3階層でも20%しか辿り着いていません。我こそはというプレイヤーはぜひ挑戦してください!

muramasa

2,000円以下でも深い味わいのある作品を紹介しています!ブログ「ゲームはリビングで。」を見て新たな作品と出会えるように更新していきます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする