【ウルファールのおつかい/怒りのメロン】フォロワーさんのゲームをやってみよう!

いつもと趣向を変えてTwitterでフォローしてくださってる方のゲームをやってみました!今回は牧瀬空さんが作ったゲーム豪華2本立てです!

【ウルファールのおつかい】

価格:無料
言語:公式日本語対応
プラットフォーム:PC

とある村の女の子のウルファールが主人公のアクションゲーム。お腹を壊して寝込む村の男の子を助けるため、医者を呼びに森に赴くショートストーリー。ショート過ぎて物足りなさを感じてしまったところ「その反応待ってました!」と言わんばかりに物語が再開。まさか織り込み済みだったとは…!

一見ツクール製に見えますが、バトルは俯瞰視点アクション。マップ上を徘徊するモンスターをやっつけていきましょう、武器は斬撃系、刺突系、斧系、魔法系とあります。キーを押しっぱで連打可能。

序盤は宝箱から強装備を手に入れると進めやすいですね、でもレベルもガンガン上がっていくので爽快なプレイが楽しめます!モンスター図鑑を埋めていくちょっとしたやり込み要素も。

やればやるほど想像を覆す展開が待ち受けてるのでこまめにセーブをしていきましょう。作者いわく最短30分でクリアできるそうですが、その域に達したらあなたも立派なデベロッパー。

【怒りのメロン】

価格:無料
言語:公式日本語対応
プラットフォーム:PC

阿修羅のような筋骨隆々なタイトル画面から始まるクリッカージャンル。「メロン」は主人公の名前でひたすらスイカを叩きまくるカジュアルクリッカーゲームです。

マップの中心に蠢く巨大なスイカをひたすらクリック(長押し可)するだけのシンプル作品ですが、クリックすると豊富なサウンドとコメントが流れるのが特徴的。

クリックで手に入れたお金で自動クリックや強化アイテムを揃えて更なる高みを目指していきましょう。マップの端っこにはオマケ要素が隠されて(?)いますが自己責任で。

【ゲームを終えて、考えたこと】

やっぱりゲームが作れるってすごいなぁと改めて感じました。今回二つの作品を遊ばせてもらいましたが、どちらもターン制コンバットのようなバトル画面ではなく、マップ上に現れるオブジェクトに対して攻撃するデザインは同じ。

でも、ストーリーが付加されるとウルファールのようなARPGになるし、天文学的な数値のパラメータが搭載されるとメロンのようなクリッカーゲームにも変化します。「ジャンル」は同じような構造であってもプレイヤーに「どんな体験を提供するか」っていうプレイヤー目線を表す言葉なんだなぁと思いました。

さて、今回はTwitterの呼びかけに応じていただきました牧瀬空様ご本人の紹介で書かせていただきました!ありがとうございました!

muramasa

2,000円以下でも深い味わいのある作品を紹介しています!ブログ「ゲームはリビングで。」を見て新たな作品と出会えるように更新していきます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする