NZXT SOURCE340-WT/デバイスレビュー

PCゲーマーのPCといえば漆黒のフレームにLEDが煌めく、男らしいメカニカルなデザインを想像する人が多くいると思いますが、今回はそんなダークなデザインの流行に一石を投じるPCケース「NZXT SOURCE340-WT」の紹介です。

清廉潔白なオブジェのような美しさ

見た瞬間にお分かりですね?一切の歪みもない美しい平面、部屋を明るく映し出す真っ白な躯体、どの角度から見ても端麗なこのケースからは誠実さすら滲み出ていませんか?

余計な装飾をしない高貴な佇まいからは私たちゲーマーに「ゲームは堂々とやればいい」と言っているかのようですね。

さて、心酔した文章はこれくらいにしてレビューです。

とにかくシンプルな基本性能

NZXTから登場したSOURCE340-WTはフルフラットデザインを採用したminiITX、MicroATX、ATX対応規格のPCケースです。

正面パネルと向かって右パネルが白い平面でデザインされています。向かって左パネルは透明なアクリルで内部が見えるようになっています。上部には電源ボタン、USB×2、マイク・イヤホンジャック、そして排気ファンが1つが搭載されています。また、背面にも排気ファンが1つあります。

前面フィルターは手入れ簡単。光学ドライブは内臓不可だけどその分空間に余裕あり。

前面パネルを外すと給気フィルターがあります。このフィルターはマグネット式なので取り外しが非常に簡単なので手入れが楽ちんです。ダンジョンは隅々まで歩く癖に部屋の掃除すらめんどくさがるゲーマーにはありがたい設計です。

ちなみにこのケース、光学ドライブが搭載できませんのでドライブを内蔵したい方は注意が必要です。

しかしその分、内部空間にかなり余裕が生まれています。おかげで配線にも余裕がありますし、熱溜まりしにくいメリットもあります。PCゲームはダウンロード購入される方がほとんどだと思うので、音楽など取り込むための外付けドライブがあれば十分だと思います。

ストレージに繋ぐケーブル向きに注意!

3.5HDDは3基まで、2.5SSDは2基まで設置可能です。ストレージに関してはSSDの搭載に苦労しました。というのも平らな床に設置するような感じなので、給電ケーブルとSATAが上向き(もしくは水平)でないと設置できません。

写真だと分かりにくいかもしれませんが、私の場合、SSDに繋ぐ給電ケーブルがどうしても下向きになってしまうので、やむを得ずSSDを逆さにして設置しています…!

そのため本来はネジ止めしないといけないSSDをシャーシに乗せているだけになっています…何か起きても自己責任ですね…

明るいリビングに置きたいPCケース!

とはいえ、シンプルな見た目にはかなり満足しているので後悔はしていません。個人的な思いとして、PCゲームをパーソナルな空間ではなく、みんなのいる空間で体験を共有したいという気持ちがあります。

リビングに置いても馴染むデザインなので、あえて目立つところに置いてみたいですね。

公式の仕様一覧ページはこちら!

muramasa

2,000円以下でも深い味わいのある作品を紹介しています!ブログ「ゲームはリビングで。」を見て新たな作品と出会えるように更新していきます!

2件のフィードバック

  1. S340気になっていたのですごく参考になりました!
    ただこのケースの白モデル、ネットに全然売ってないんですよね…
    店頭に行くしかないですかね?

    • 読んでいただきありがとうございます!たしかにネット販売だともうどこも取り扱ってないですよね…店頭販売に賭けましょう(泣)
      一方で最近ホワイト系のデバイスが注目されてるので、もしかしたら新しいモデルがそのうち出るかもしれませんね…!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする