【コラム】ワードプレス始めて3週間でGoogleアドセンス審査を通過した話

正直こんな早く、しかも以前ライブドアブログで運営していたときは「あなたのブログには付加価値がありません」なんて判定すら喰らってたので全く通ると思ってませんでした。

今回はどのような状況でアドセンス審査を通過したのかを書いていこうと思います。

ブログをやるついでに…!とアドセンス広告を気にしてる人は多いかと思います。なにせGoogleアドセンスは審査申請するデメリットが全くありませんので興味があれば申請してみるのがおすすめです。

せっかく好きなことをブログを通じて伝えるのですから、それで広告収入が得られるのならこれ程嬉しいことはないですよね。(もちろん趣味とは別にビジネスな人もいると思いますけど)

審査基準なんてGoogle以外知るはずもない

たまにアドセンスを推奨する記事に「こうすれば通過できます!」「あれをしないと通りません!」なんていうのがありますけど、合格基準なんてGoogleアドセンスの審査担当者以外知るはずもないので大概嘘だと思っていいと思います。

実際「運営期間が長くないと通らない」「記事は20以上必要」といった記事も見てきましたが結局そのどちらにも当てはまりませんでした。なのでこの記事ではああしろ、こうしろ、なんてことは書きません。

以下ではGoogleアドセンスの審査を通過した時点でこのブログがどんな状況だったかという事実だけを書いていこうと思います。審査の申請を考えている方の参考になれば幸いです。質問等あればコメントを頂ければと思います。

Googleアドセンスの審査を通過した時の状況

ワードプレスを開始した日:2019年5月31日
アドセンス審査申請日:2019年6月20日
アドセンス審査通過日:2019年6月21日
申請時の記事数:9記事(+固定ページが1つ)
内訳 ゲームレビュー:7記事
   デバイスレビュー:1記事
   ブログの説明:1記事
週2回のペースで投稿
ウィジェットにTwitterタイムラインの埋込み

具体的な記事の内容は初めからさかのぼって2019年6月20日までの記事を見ていただければと思います。

「誠実に自分らしく、かつ、読みやすく」

以前、ライブドアブログで申請したときは30以上記事がありましたが『価値の低い広告枠(コンテンツが複製されているサイト)について』というポリシーに反しているとしてなかなか通過できませんでした。

うなだれつつも、Google公式のアドバイスのおかげで、アドセンスに向けて記事内容を意識するようになった気がします。機械翻訳ですが以下の内容です。

成功への近道はありません。質の高いサイトを構築するには、努力と時間がかかります。ただし、迅速かつ詐欺的な手法を使用するのではなく、ユーザーに焦点を当てているサイト運営者が真の勝者であり、Googleのネットワークで長期的な収益の増加と成功を経験しています。

高品質のサイトを作成するためのヒント byアドセンスの内部

要約すると「誠実に自分らしく、かつ、他人に読みやすく」というところがポイントになるんだと思います。

ざっくりしてて参考になんねーよ!という声が聞こえてきそうです…しかし明確な基準が分からない以上「これをすればOK!」なんて嘘はつけませんよね。

とはいえ、この経験から言えることがあるとすれば、ライブドアブログよりはワードプレスのほうが審査を通過しやすいのかもしれません。

もしライブドアブログでなかなか審査に通過できない方がいればいっそワードプレスに移ってみるのもありかもしれません。開設にはレンタルサーバーを用意したりと多少手間がかかりますが…

アドセンスとは話がそれますが、ワードプレスはライブドアブログよりもテンプレートが豊富なのでhtmlなどの知識がなくてもイメージ通りのブログに近づくことができるのでおすすめです。

あとはもうとにかくコンテンツをより充実させるだけですね。当然審査を通過しただけでは収益化しませんのでこれから継続してゲームレビューを続けていきたいと思います。

muramasa

2,000円以下でも深い味わいのある作品を紹介しています!ブログ「ゲームはリビングで。」を見て新たな作品と出会えるように更新していきます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする