【Phantom Rose】メイドが主(あるじ)に刃を向ける高難易度カードバトル

最終更新日

Comment: 1

価格:1,500円
言語:公式日本語対応
プラットフォーム:PC

ざっくばらんに説明すると・・・

  • 高難易度なローグライクカードバトル
  • 使ったカードはデッキから消える斬新なシステム
  • 屋敷を彷徨うダークゴシックなキャラクターたち(猫耳あり)

目次

1.【どんなゲーム?】
2.【どんな人におすすめ?】
3.【進め方のヒント!】
4.【ゲームを終えて、考えたこと】

【どんなゲーム?】

久々に手に汗握る高難易度な登場しました。このゲームはダークゴシックな雰囲気のローグライクカードバトルです。主人公であるメイドの「レイナ」は刃を携えて屋敷を彷徨うモンスターや住人とバトルを繰り広げます。

このゲームではストーリーに関する会話がほとんどありませんが、プロローグでは荒廃した屋敷で血を流して死に瀕したレイナの姿が映し出されます。

そこに現れた青い髪の少女がレイナに時計を渡すと、その針は逆に回り始め、そして光を放ち始めてタイトルロゴの登場。

これはおそらくレイナが過去に戻って何かをやり直すという演出だと思いますが、ゲームオーバーになっても経験値が蓄積するあたりゲーム内で敗北しても再び立ち向かっているプレイヤー自身を表現してるのかもしれませんね。

本作の最大の特徴は「使用したカードがデッキから永遠に消える\フォーエバー!!!/」点です。この斬新なシステムのおかげで温存と消費がまるで天使と悪魔のように葛藤し独特の緊張感を産み出しています。

まずはスクリーンショットを見ながらシステムを解説していきます。なお、カードの名前は『』で囲っています。

①ステータス

攻撃力はその数値がそのまま相手に与えるダメージになります。防御力は『シールド』『バリア』を使用した際に得られるバリアの値です。例えば、バリア5の状態で攻撃力6を受けた場合、バリアが破壊されHPに1ダメージ入ります。

幸運力はバフで発生する効果の確率に影響します。初期値が80%で十分高いのであまり気にしなくていいと思います。HPはバトル終了後もそのままで休憩ポイントに到着しないと回復しません。なのでバトル中にバフ効果で回復するのがクリアのコツです。

②フィールド

画面中層部に大きくカードが表示されているのがフィールドと呼ばれるエリアです。ここでは赤がプレイヤー、紫が敵のカードになります。戦闘開始すると左から順にカードが発動します。すぐ下には次ターンの行動順が示されているので、どちらが先手なのかを参考にして戦略を立てることができます。

ここで一つ補足。先ほどゲームの特徴に「使用したカードがデッキから消える」と言いましたが「使用したらデッキに戻るカード」もあります。通常攻撃の『ストライク』、バリアを得る『シールド』(『バリア』は消えるカード)、そしてHPを2回復する『ヒール』です。

これらはゲームを維持するためのもので、作者いわく「これがないとゲームが爆発するかもしれないし」とのこと。では解説の続き。

③手(ここでは分かりやすく「手札」と呼びます)

フィールドのカードは手札と入れ替えることができます。戦略的にカードを温存したい場合に活用します。これが非常に重要な要素です。

フィールドから手札に交換されたカードはそのターンロックされ、解禁するにはソウルローズを2消費します。また、手札は右クリックするとソウルローズを1消費してデッキの中のカードと交換することができます。これをリドローと呼びます。

④ソウルローズ

ソウルローズはバトルに勝利すると入手できて様々な使い方ができます。

  • フィールドから手札に交換したカードの解禁(-2)
  • バトル中のリドロー(-1)
  • ショップでのカード購入
  • 休憩ポイントでのカードのコピー
  • その他イベント
⑤デッキ

デッキの中身を確認することができます。フィールドもリドローもデッキから何が出てくるかはランダムですが、バトル中いつでも確認することができます。

なおカードを増やす方法は、敵を倒して入手したり休憩ポイントでカードをコピーしたりして増やすことができます。他にも宝箱やランダムイベントで冒険中ずっと効果を持つアイテムなども入手できます。

ゲーム進行については、屋敷を舞台にしたローグライクで1マスずつ下か右に進んでいきます。中間にある休憩ポイントでは体力の回復、デッキのコピーと分解ができます。

このゲームではボスに備えて強力なカードを温存したいところですが、通常モンスターも強いので泣く泣くカードを消費せざるを得ない場面が多いです。でもやられたら元も子もないので目の前の敵はしっかり倒していきましょう。

【どんな人におすすめ?】

実際にやってみたところ難易度が高くかなり手応えが感じられるのでクリアしたときには思わず「っしゃぁあ!!」と声を上げてしまいました。私の場合は7回挑戦してやっと1回クリアできました。ラスボスは12分ほどかかって脳汁出まくりでしたね。

戦略ゲーが好きで我こそはという人にはおすすめですが、難易度設定ができるのでローグライクカードバトルに興味がある人でもおすすめです。(ただし難易度を下げるとゲーム内実績が解除できません)ステージは短く構成されているので順調に進められればラスボスをまで30分程度で到着します。

あとはストーリーを感じさせるゴシックなかわいいキャラクターが待ち構えているのでそれだけでも見る楽しみがありますね。

【進め方のヒント!】

ゲーム内ではあまり説明がないので、実際にやってみて知っておくと便利な情報を書いておきます。

バトルに関すること

  • 強力なカードも1枚残しておけば後でコピーできます
  • デッキを温存することよりも受けるダメージを少なく倒すこと
  • ボス戦前に「休憩」か「襲撃」が選択可能。「休憩」は休憩ポイントと同じ。「襲撃」はボスに15ダメージ与えてバトル開始
  • バフを延長させることで得られるメリットが増大します。例えば『成長』はフェーズ開始時攻撃力⁺1となる効果が2ターン続くため攻撃力が合計2上昇。そこで『リフレッシュ』でバフを1ターン延ばすと合計3上昇させることができます。
  • 特にとどめを刺せるターンは3,4回リドローしてでも『ストライク』で倒すのがおすすめ
  • 敵のバフを確認して攻撃のタイミングを確認すること。適当に攻撃するだけでは勝てません

回復に関すること

  • 初期アイテムは初めから使える魔法のリンゴがおすすめ。フェーズ開始時50%でHPを2回復
  • 休憩ポイントではHPが30回復
  • ボス撃破後はHPが全回復(=ボスには捨て身の攻撃が可能
  • 『ヒール』は2しか回復しないので使用機会はほぼなし。魔法のリンゴで代替可能

カードに関すること

  • おすすめカード①『ピアス』:バリアがある場合攻撃力2倍。バリアを張っている敵の初手にもってこいのカード
  • おすすめカード②『鋭い刃』:攻撃したうえで「リフレッシュ」効果があるのでヒットの有無にかかわらず自分に有利なバフ効果を延長することができます
  • おすすめカード③『集中』:相手のバリアと回避効果を無視するバフを得る。確実にHPを削ることができるので攻撃を組み立てやすい。
  • デバフの混乱状態だと手札に『クールダウン』が割り込んできます。休憩ポイントで分解することができないのでバトルで消化するしかありません。ボス戦に持ち込まないように気を付けましょう

【ゲームを終えて、考えたこと】

Steamのレビューを見ると賛否両論のようですが、私はおすすめします!たしかに難易度は高いですが戦略的に戦えないということはありません。リドローして手札を整えればちゃんとシナジーを組んで実行することができます。

しっかりとリドローを繰り返して戦略を整えること、ダメージをなるべく受けずに敵を倒すこと、そしてバフ効果をうまく活用して回復しながら進めることを意識すればラスボスまでたどり着けるはずです!

あとゲームを進めてみて分かったのがどうやらマルチエンディングみたいなんですけど、どこで分岐するのかわかりません。かわいいキャラクターたちのいろんな姿が見られるのを期待したいですね。

muramasa

2,000円以下でも深い味わいのある作品を紹介しています!ブログ「ゲームはリビングで。」を見て新たな作品と出会えるように更新していきます!

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする